肥満症治療ガイドラインとゼニカルとジュース

日本肥満学会が提案する肥満症治療ガイドラインには、肥満症やメタボの治療や予防措置など最新の情報が紹介されています。食生活の欧米化や生活環境の変化で食べ過ぎや運動不足によって肥満になる日本人が増えているので、安全で効果的に対処するための肥満症治療ガイドラインは医者や医療現場のスタッフだけでなく健康のために誰もが知っておきたい基準です。

肥満症の治療に有効な薬の一つは「ゼニカル」です。有効成分が胃や腸でリパーゼという酵素に働きかけて、脂肪分を吸収する機能を妨げて食品から摂取される脂肪をそのまま体外に排出することができるので、カロリーを過剰に蓄えて体脂肪を増やすことがなく効果的にダイエットにつながります。ゼニカルを服用すれば油を一切使わない調理法や脂身の肉、揚げ物、乳脂肪を含む製品を食べないような厳しい食事制限をする必要がなく、普段と同じ食生活を続けていても自然に摂取カロリーを減らすことができます。

肥満やメタボの人が積極的に摂りたい食べ物は「ジュース」です。砂糖が大量に入った清涼飲料水ではなく、野菜ジュースやミックスジュースなど、なるべくたくさんの種類の野菜や果物が入ったものが効果的です。大量の野菜をサラダとして食べるのは大変ですが、コップ一杯の野菜ジュースなら簡単に飲むことができて同様のビタミンやミネラル、食物繊維などを摂取できます。鉄分やカルシウムなど栄養素が添加されている商品や、カロリーゼロのダイエット用もあるので毎日飲む習慣をつければ無理なくバランスの取れた食事ができます。

肥満症治療ガイドラインでも認められているゼニカルを使って体脂肪の増加を防ぎ、ジュースで簡単に栄養補給をしながら上手にダイエットを成功させましょう。